プッシュ通知を無効にする方法

By         December 20, 2018 00:33          0
 

ウェブプッシュ通知はネットサーフィン中に誰もが見かけたことがあると思います。これらのクリック可能な小さなアラートはサイトのブラウザーによって送信され、サイト訪問者にリアルタイムの更新などの通信を直接試みます。この機能はもともとスマートフォンのアプリに由来するもので、ウェブ通知はブラウザーのある全てのディバイスで顧客と通信ができるようになりました。

ウェブプッシュ通知はEメールよりもユーザーと素早く連絡が取れるように開発されました。ゲーム、テレビ番組、ニュース、セール、緊急事態の最新情報など購読しているサイトからの更新を知らせます。この機能は素晴らしいアイデアと言われましたが、悪評のポップアップのアラートが出回るようになり、警戒されるようになりました。いくつかのウェブサイトが広告を掲示し始めたり、関連の無い内容で顧客に押し付けがましく連絡するケースが出てきたからです。また、ハッカーがポップアップを使って、Olpair.com、 Confirmprize.com、 Invictioner.club、 Topgetfree.com のようなマルウェアを拡散するようプログラミングすることもありました。

全てのプッシュ通知が悪いわけではないですが、ウェブサイトにアクセスしたいだけにも関わらず、次々に表示されるポップアップ通知と向き合わなければならないことに苛立ってしまうこともあるでしょう。そこで2-viruses.comのチームは、ネット利用時に苛立てられるウェブプッシュ通知をまとめて無効にする方法、もしくは特定のページのポップアップ通知のみ無効にする方法のガイドを用意しました。ブラウザー別にガイドを下記に記載しましたので試してみてください。

プッシュ通知をブロックする理由とタイミング

始める前に、なぜ全てのプッシュ通知を無効にしたいかの理由を明確にする必要があります。設定はいつでも元に戻せますが、パソコンが危険なマルウェアに感染していて、それがポップアップ通知の原因になっているかもしれません。その感染はブロックしても完全に除去はされず、一時的に潜み、パソコンに害を与え続けているかもしれません。Tuniaf.com のポップアップウイルスがその一例です。

YotubeやFacebook、Amazon、eBayや様々なニュースページ、天気予報サイトなどの正規のサイトでもウェブプッシュ通知が表示されます。最新の記事やセール、予報や、レシピ、更新やリマインダーなどを表示し、サイト訪問者や読者とする繋がる便利なツールとして使われています。この機能に対して普段は害がなく便利と感じてはいるがあるサイトのアラートには対応したくない場合の一番いい対処方法は、プッシュ通知機能を有効にしたいウェブサイトのみを特例として登録し、他の全てのサイトのプッシュ通知機能をブロックすることをお勧めします。もし特にポップアップ通知にイライラすることがないようであれば、読んだり書いたりにすることに集中したいサイトのみブロックするように登録する方法もあります。

もし知らないサイトやURLからのポップアップのアラートの表示によく悩まされているようであれば、システムやブラウザーにアドウェアやPUPウイルスがインストールされている可能性が大きくあります。それらは悪意のあるエクステンションであり、ただブロックするのではなく除去する必要があります。そうするには、Spyhunter/Malwarebytesを取得し、全システムをスキャンしてください。

Google Chromeで通知を無効にする方法

Google Chromeは通知機能のあるウェブサイトにアクセスした場合、ユーザーにアラートを表示するようになっていますが、 W3schools.com 統計の統計によると、人気のブラウザーであるため、インターネット中にかなり多いの量の通知に出くわす可能性が高いと言われています。ということは、ポップアップウイルスに感染し、過度な広告や悪意のあるjavascriptで埋め尽くされる可能性があります。全てのアラートを無効にし、お気に入りのウェブサイトだけを特例に登録するのが良いでしょう。またシークレットモードでインターネットを利用する際は、そのような通知は表示されません。

目的を達成するのに一番簡単な方法は、ChromeのURLアドレスバーにchrome://settings/content/notificationsを貼り付け、enterを押し、次の5つのステップを踏んで設定の変更をしてください。

  1. Chromeを開き、「 ⋮ 」をクリックし、一番右上にある「オプション」を表示し、「設定」を選択します。
  2. 設定」の中の「詳細」のボタンが見えるまでスクロールダウンしクリックします。
  3. 詳細設定」の下にある「設定内容」を選択します。
  4. 通知」をダブルクリックで選択します。
  5. ブロックする」もしくは「追加」をクリックして、Chromeのプッシュ通知設定をします。

右上の「ブロックする」のボタンを押し、全てのアラートを無効にできます。これが一番安全なやり方ですが、もし特定のウェブサイトの通知を表示したい場合は、手動で「許可」の中の「追加」をクリックして特例として追加してください。もし反対に、通常ポップアップのメッセージが表示されても気にならないが、いくつかのサイトの通知は非表示にしたい場合は、一番上の「ブロックする」のボタンをオフにし、サイトのアドレスを「ブロックする」に追加してください。「終了」のボタンをクリックし、これらの変更を保存してください。

Mozilla Firefoxで通知を無効にする方法

Mozillaは二番目によく使われているウェブブラウザ―で、ユーザーがウェブプッシュ通知機能を許可あるいは不許可で調節することができます。Chromeよりも設定のページにアクセスするのは簡単で、Mozillaでは異なる方法で対処します。

  1. Firefoxで、「メニュー」を右ボタンで押し、「設定」を選択します。
  2. 左側に「プライバシーとセキュリティ―」があります。「通知」の横の「設定」をクリックします。
  3. 通知許可」で、ウェブサイトのステータスを「許可する」から「ブロックする」へ変更します。

Chromeのように、過去にアクセスしたことのないページの通知は無効にできません。新しいサイトにアクセスする度にブロックする必要があります。通知を受け取りたくないサイトが出くわした場合は、名前の横にあるステータスを「許可する」から「ブロックする」に変更します。変更を保存し、Firefoxを再起動させてください。

この方法がうまくいかなければ、別の方法があります。URLバーにabout:configと入力し、設定ページに進みます。「リスクを容認する」のボタンをクリックしてサイトにアクセスします。検索バーにwebnotificationsと入力し、dom.webnotifications.serviceworker.enabled. を選択します。ダブルクリックし「はい」 から 「いいえ」へ変更します。こうすることでMozillaでデスクトップアラートの表示はできますが、プッシュ通知が無効になります。全ての通知をブロックするには内容をdom.webnotifications.enabled.に変更してください。

Safariで通知を無効にする方法

MacとSafariのユーザーは、比較的簡単に通知機能を無効にすることができます。MacのコンピューターはWindowsほど感染はしませんし、感染したブラウザーからの通知を受信するケースは少ないですが、ウェブサイトとの通信を上手くコントロールできるよう設定を行うのはどちらしろお勧めしたいです。

  1. Safariを開き、「設定」をクリックします。「Command」と「,」 を押すことで同じことが出来ます。
  2. バーのWebsitesをクリックし、「設定」を選択します。「ウェブサイトにプッシュ通知送信の許可の確認をさせる」のチェックを外します。

Operaで通知を無効にする方法

Operaも設定が簡単なブラウザーで、数秒で調節ができます。

  1. メニュー」をクリックし、「設定」もしくは、「Alt」+「P」 を押してください。
  2. 左側のウェブサイトを選択、スクロールダウンで「通知」を探し、「サイトにデスクトップ通知を許可しない」を選択してください。
  3. 特例の管理」をクリックし、サイトごとに(許可する/ブロックをする)を選択してください。

MS Edgeで通知を無効にする方法

更新が盛んで世界で一番安全なブラウザーと言われている一番安全なWorld Wide Web ブラウザー Microsoft Edgeは、ウェブプッシュ通知を無効にする機能が残念ながらありません。全てのウェブサイトに対してスクリプト入力を許可せず、Edgeはアラートの表示を許可するかページ毎にどうか尋ねてきます。今まで様々なブラウザーのポップアップに苛立った経験があるなら、アドブロックな特定のブラウザーのアドオンは役に立つような気がしてくるかもしれませんが、このようなものはいいことよりも害になる場合の方が多いので気を付けてください。

インターネットの閲覧時、毎回「不許可」あるいは「ブロックする」を選択してするのではなく、設定を工夫し、効率よくウェブサイトの閲覧をすることが、最も安全なインターネットの使い方です。それはマルウェア感染を避けることにも繋がります。このガイドがサイバーセキュリティーを確保するために役に立てば幸いです。質問がありましたら、下のコメント欄にてお知らせください。怪しいポップアップに対処しなければならないときは、antivirus/anti-malware programsも別のいい方法ですのでこちらについても目を通すことをお勧めします。

 
 

 |       

 
 
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *