JapanLocker ウイルス を削除するには

JapanLocker ウイルス

クリプトランサムウェアは通常その動作に一定の決まりがあるので、普通とは異なるものを目にするのは非常に新鮮です。もちろんインターネットを利用し、個人データを失いたくないユーザーにとっては大きな頭痛の種であり、セキュリティ研究者にとってもまた別のパズルなのですが。JapanLocker ウイルスは、ウェブサイトのデータベースというまた変わった犠牲者を選んでいます。もし現在ドメインを管理している方、この記事はそんなユーザーに向けられています。このランサムウェアの餌食になるには、ほんの小さな間違いが原因です。ウェブサイトが乗っ取られたりランサムウェアウイルスに感染したりしないよう、適切なセキュリティ手段を用いましょう。悪質なコードやスクリプトは、相関的なデータベース管理システムに保管されているデータの管理を破壊します。まさにこの目的のために使われるSQLは、卑劣な活動の犠牲となり得ます。SQL が不正に変更させることから保護する唯一の効果的な手段は、パラメータを使うことです。そうすれば詐欺師たちがウェブサイト内に悪質な感染コードを埋め込むことがより困難になります。

JapanLocker ウイルスとは

JapanLocker ウイルスは、SQLステートメントの中にコマンドが注入される可能性に依存します。詐欺師たちは狙いを定めたウェブサイトを乗っ取り、所有者がアクセスできないようデータを暗号化することができます。JapanLocker ウイルスによって影響を受けたドメインに入室しようとすると、以下のようなメッセージが提示されます。「このランサムウェアはにはどうしてこんな特定の名前が付いているのか?」と疑問に思う方もいるでしょう。短い身代金要求の注意書の中でも、この後ろ暗いプログラマーは犠牲者に対して「[email protected]」へ問い合わせるよう要求しています。Japan” という単語は、このウイルスの本当のクリエイターをごまかすためのものかもしれません。示されているような国名、日本とは実際には何の関係もないのかもしれません。しかしまだ確証は取れておらず、これ以上はまだ何とも言えない状況です。JapanLocker ウイルスはウェブサイトにとって深刻な脅威ですので、自分のウェブサイトを保護するために十分に備えて注意しておくことを推奨します。注意書には、JapanLocker ウイルスのクリエイターに問い合わせるよう指示されていますが、その行動が吉と出るか凶と出るかかなり疑わしいところです。問い合わせをしたところで考えられるシナリオは、詐欺師たちがウェブサイトのロックを解除するための身代金を要求するということです。

JapanLocker ウイルスによって暗号化されたウェブサイトを復号するには?

セキュリティ研究者たちは、この混乱の糸口をまだ見つけてられていません。解決策が出るまでは、セキュリティに関して他の措置を取ることをお勧めします。他の人に関して、または重要なデータに関する情報を保管している重要なウェブサイトを管理している場合は、こういった攻撃を受けたこと、および詐欺師たちが個人情報を脆弱な状態にする可能性があることについて関係者に警告を出すべきです。まだ現時点でこの問題に直面していないサイト管理者には、ファイヤウォールやクラウドバックアップを利用して自分のドメインを保護することを奨励します。詐欺師たちに問い合わせたりして接触すべきではありません。必ずお金を要求されます。そしてそのような犯罪者にお金を渡すべきではありません。

JapanLocker ウイルスの流通の仕方とは?

JapanLocker ウイルスはセキュリティにおいて最も重要なルールに従っていないウェブサイトに侵入しがちです。最新のニュースに精通し、革新的な手段を用いて外部の影響からウェブサイトを守ることが重要です。ランサムウェアはインターネットをサーフしている最中に侵入する可能性があります。悪質なウイルスから、システムはもちろんユーザー自身を守るためにも、怪しげなコンテンツや不可解なページには近づかないようにしましょう。

管理しているウェブサイトが感染してしまったら、JapanLocker ウイルスは他のウイルスをもって個々人にも影響を与えることがあることに注意をしてください。このようなリクスの高い状況を回避するためにも、ReimageSpyhunter、または Malwarebytes のような信頼できるマルウェア対策ツールで、システムをの安全性を確実に保護しておくことをお勧めします。


Automatic Malware removal tools

Download Spyhunter for Malware detection
(Win)

Note: Spyhunter trial provides detection of parasites and assists in their removal for free. limited trial available, Terms of use, Privacy Policy, Uninstall Instructions,

Download Combo Cleaner for Malware detection
(Mac)

Note: Combo Cleaner trial provides detection of parasites and assists in their removal for free. limited trial available,

システム復元を使ってJapanLocker ウイルス を取り除く方法は?

1. [セーフモードとコマンドプロンプト]でコンピュータを再起動する


Windows 7 / Vista/ XPの場合
  • [スタート] → [シャットダウン] → [再起動] → [OK]
  • [詳細ブートオプション]画面が現れるまでF8 キーを何度か押します。
  • [セーフモードとコマンドプロンプト]を選択します。 Windows 7 enter safe mode

Windows 8 / 10の場合
  • Windows ログイン画面で[電源]ボタンを押します。それから[Shift]キーを押しながら[再起動]をクリックします。 Windows 8-10 restart to safe mode
  • [トラブルシュート] → [詳細オプション] → [起動設定]を選択し、[再起動]をクリックします。
  • 読み込んだら、起動設定のリストから[セーフモードとコマンドプロンプトを有効にする]を選択します。 Windows 8-10 enter safe mode

システムのファイルや設定を復元する
  • [コマンドプロンプト]モードが読み込まれたら、cd restore を入力して[Enter]を押します。
  • それからrstrui.exe を入力して再度[Enter]を押します。 CMD commands
  • 現れた画面上で[次へ]をクリックします。 Restore point img1
  • JapanLocker ウイルス がシステムに侵入する前に使用可能である復元ポイントをひとつ選び[次へ]をクリックします。 Restore point img2
  • [はい]をクリックしてシステムの復元を開始します。Restore point img3

2. JapanLocker ウイルスを完全に削除する

システムの復元後は Reimage Spyhunter のようなマルウェア対策プログラムを使ってコンピュータをスキャンし、JapanLocker ウイルスに関連する全ての不正ファイルを取り除くことが推奨されます。

3. ボリューム・シャドー・コピーを使ってJapanLocker ウイルス に感染したファイルを復元する

お使いのオペレーションシステムにおいてシステムの復元を使わないのであれば、ボリューム・シャドー・コピーのスナップショット機能を使うことができるかもしれません。システム復元スナップショットが作成された地点のファイルのコピーを保管するのです。通常、JapanLocker ウイルスはボリューム・シャドー・コピーの可能な限り全てを削除しようとします。なのでこの方法は全コンピュータで機能するとはいえませんが、できる場合もあります。

ボリューム・シャドー・コピーは、Windows XP サービスパック2、Windows Vista、Windows 7、Windows 8でのみ利用可能です。ボリューム・シャドー・コピーを介してファイルを再獲得する方法は2通りあります。ネイティブWindows 以前のバージョンを使って、またはシャドーエクスプローラを介して行うことができます。

a) ネイティブWindows 以前のバージョン

暗号化されたファイル上で右クリックをし[プロパティ]から[以前のバージョン]タブを選択します。その特定のファイルの前コピーとそれがボリューム・シャドー・コピーに保管された日付が見られるはずです。再獲得したいファイルを選び、自分のディレクトリに保存したいなら[コピー]をクリック、または既存する暗号化されたファイルに上書きしたいなら[復元]をクリックします。ファイルの内容を確認したい場合は[開く]をクリックしてください。
Previous version

b) シャドーエクスプローラ

オンラインで無料で見つけられるプログラムです。シャドーエクスプローラの完全版またはポータブル版のどちらかでダウンロードできます。Iプログラムを開きます。左上端で探しているファイルが保管されているドライブを選択してください。そのドライブ上にある前フォルダを確認できます。フォルダ全体を再獲得するには、そのフォルダの上で右クリックをして[エクスポート]を選択します。それから保管したい場所を選択してください。
Shadow explorer

注意: 多くの場合において、最近のランサムウェアによって感染したデータファイルを復元するのは不可能です。したがって用心のために、きちんとしたクラウドバックアップソフトウェアを使用することを推奨します。私たちが推奨しているのは、Carbonite、BackBlaze、CrashPlan、Mozy Homeです。ぜひチェックしてみてください。

Source: https://www.2-viruses.com/remove-japanlocker-virus

Removal guides in other languages

JapanLocker virus (en) 
JapanLocker 바이러스 (kr)  Flag of South Korea
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *