Alphabet ウイルス を削除するには

Alphabet ウイルス

当初Alphabet ウイルスは、クリプトランサムウェアとの親密な関係はないスクリーンロッカーであるとして記述されていました。この最初のバージョンは、ユーザーがWindowsにログインできないようにする赤いロック画面の姿で現れました。画面にはファイルの暗号化も示されていましたが、そのプロセスは実際には起こりませんでした。Alphabet ウイルスのクリエイターが示しているようにこれは「デバッグ版」であり、完全無料の鍵まで提供していました。推測できるように、これは単なる予行演習で解決が必要な不具合を検出しようとしていたようです。そのテストの後、Alphabet ウイルスが再び現れるまでにそれほど時間はかからず、今回はより機能的になっています。

AからZまで: Alphabet ウイルスの全て

Alphabet ウイルスは未だ建設中、準備中であると考えられます。それにもかかわらず、犠牲となったユーザーはその改善版が現在流通していることを報告しています。人々は、スクリーンロッカーがデバイス全体をブロックし、Alphabet ウイルスであると自己紹介していると説明しています。ハッカーたちはまた、デバイスに保管されたデータが最も強力な暗号化アルゴリズムで暗号化されたと通知しています。.これはおそらく、データを破壊するのに一般的なサイファーが使われていることを意味します。今のところ、暗号化によってエンコードされたデータに付け加えられる拡張子に関する情報はありません。オリジナルの拡張子がないのであれば、Alphabet ウイルスは型通りには作動しない可能性があります。言うまでもなく、このサンプルの犠牲者は第一にこのスクリーンロッカーを駆除する方法について心配するでしょう。Alphabet ウイルスに感染した場合、「MjA0OCE8UINBS2V5VmFsdV」と打ちこむことでスクリーンロッカーから脱出することができます。

ここにひとつ、覚えておくべき特性があります。Alphabet ウイルスはWindows 10のアップデートに姿を見せかけて巡回していることがあるということです。信用に足らないソースからアップデートをダウンロードすると、説明とは異なる別のものをインストールしてしまうかもしれません。Alphabet ウイルスを意図的にバンドルの中に組み込んでいる可能性があります。ダウンロードしたプログラムを起動するともっともらしい画面が現れ、システムがアップデートされたことを伝えます。実際には、Alphabet ウイルスまたはより具体的に言えばそのペイロードが他の目的のために利用されているのです。ファイルの暗号化およびWindowsレジストリキーの変更という目標は、このプロセス間に実行されます。アップデートが完了すると、彼らの目標達成に必要なプロセスがうまく実行されたということになります。スクリーンロッカーはすぐ現れることもあれば、コンピュータの再起動に応じて現れることもあります。

Alphabet ウイルスの流通について知っておくべきこととは?

Alphabet ウイルスのペイロードは、信用性の低いファイル共有センターによって推進されているトーレントのダウンロードやファイルとして目にするかもしれません。このようなソースからソフトウェアをダウンロードすることは避けてください。推進されているWindows のアップデートなどは、公式のロケーションから手に入れるべきです。またWindows 10のアップデートを提供する、Microsoftから送信されたように見せかけた不信なメッセージを受け取ることがあるかもしれません。このようなメールが受信箱に入っていたら、中に添付されているものをダウンロードしないように注意してください。スパムメールによる策略は、ランサムウェアの拡散によく使われている方法です。

Alphabet ウイルスによってコード化されたファイルを復元するには

ファイルの復号に関して有望な回答ができればこれほど嬉しいことはないのですが、現在のところは推測でしか表現できません。復号ツールの開発は進んでいると信じています。セキュリティ研究者は、ランサムウェアウイルスにふさわしい報いを与えようと休まず研究をしています。この種類の感染は全てゴミ箱に葬られるべきです。Alphabet ウイルスやそのスクリーンロッカーに遭遇したことがないユーザーの方、今まで遭遇していないからといって幸運だ、平和だと安心しないようにしましょう。最も都合の悪いときに限って感染してしまうことがあります。ランサムウェアウイルスに対する予防をしておきたければ、デバイスとは別の場所にファイルのコピーを保存しておくことが奨励されます。USB フラッシュドライブやバックアップストレージなどはデータが暗号化されることを防ぐのに最適な場所です。

ReimageSpyhunter、または Malwarebytesは、感染から最大限のセキュリティを提供するマルウェア対策ツールです。セキュリティ研究者は、効率性が否定しようがないとしてこれらの製品を尊重していますAlphabet ウイルスを手動で駆除する方法に興味がある場合は、記事を続けてお読みください。復元のヒントについても説明されています。


Automatic Malware removal tools

Download Spyhunter for Malware detection
(Win)

Note: Spyhunter trial provides detection of parasites and assists in their removal for free. limited trial available, Terms of use, Privacy Policy, Uninstall Instructions,

Download Combo Cleaner for Malware detection
(Mac)

Note: Combo Cleaner trial provides detection of parasites and assists in their removal for free. limited trial available,

システム復元を使ってAlphabet ウイルス を取り除く方法は?

1. [セーフモードとコマンドプロンプト]でコンピュータを再起動する


Windows 7 / Vista/ XPの場合
  • [スタート] → [シャットダウン] → [再起動] → [OK]
  • [詳細ブートオプション]画面が現れるまでF8 キーを何度か押します。
  • [セーフモードとコマンドプロンプト]を選択します。 Windows 7 enter safe mode

Windows 8 / 10の場合
  • Windows ログイン画面で[電源]ボタンを押します。それから[Shift]キーを押しながら[再起動]をクリックします。 Windows 8-10 restart to safe mode
  • [トラブルシュート] → [詳細オプション] → [起動設定]を選択し、[再起動]をクリックします。
  • 読み込んだら、起動設定のリストから[セーフモードとコマンドプロンプトを有効にする]を選択します。 Windows 8-10 enter safe mode

システムのファイルや設定を復元する
  • [コマンドプロンプト]モードが読み込まれたら、cd restore を入力して[Enter]を押します。
  • それからrstrui.exe を入力して再度[Enter]を押します。 CMD commands
  • 現れた画面上で[次へ]をクリックします。 Restore point img1
  • Alphabet ウイルス がシステムに侵入する前に使用可能である復元ポイントをひとつ選び[次へ]をクリックします。 Restore point img2
  • [はい]をクリックしてシステムの復元を開始します。Restore point img3

2. Alphabet ウイルスを完全に削除する

システムの復元後は Reimage Spyhunter のようなマルウェア対策プログラムを使ってコンピュータをスキャンし、Alphabet ウイルスに関連する全ての不正ファイルを取り除くことが推奨されます。

3. ボリューム・シャドー・コピーを使ってAlphabet ウイルス に感染したファイルを復元する

お使いのオペレーションシステムにおいてシステムの復元を使わないのであれば、ボリューム・シャドー・コピーのスナップショット機能を使うことができるかもしれません。システム復元スナップショットが作成された地点のファイルのコピーを保管するのです。通常、Alphabet ウイルスはボリューム・シャドー・コピーの可能な限り全てを削除しようとします。なのでこの方法は全コンピュータで機能するとはいえませんが、できる場合もあります。

ボリューム・シャドー・コピーは、Windows XP サービスパック2、Windows Vista、Windows 7、Windows 8でのみ利用可能です。ボリューム・シャドー・コピーを介してファイルを再獲得する方法は2通りあります。ネイティブWindows 以前のバージョンを使って、またはシャドーエクスプローラを介して行うことができます。

a) ネイティブWindows 以前のバージョン

暗号化されたファイル上で右クリックをし[プロパティ]から[以前のバージョン]タブを選択します。その特定のファイルの前コピーとそれがボリューム・シャドー・コピーに保管された日付が見られるはずです。再獲得したいファイルを選び、自分のディレクトリに保存したいなら[コピー]をクリック、または既存する暗号化されたファイルに上書きしたいなら[復元]をクリックします。ファイルの内容を確認したい場合は[開く]をクリックしてください。
Previous version

b) シャドーエクスプローラ

オンラインで無料で見つけられるプログラムです。シャドーエクスプローラの完全版またはポータブル版のどちらかでダウンロードできます。Iプログラムを開きます。左上端で探しているファイルが保管されているドライブを選択してください。そのドライブ上にある前フォルダを確認できます。フォルダ全体を再獲得するには、そのフォルダの上で右クリックをして[エクスポート]を選択します。それから保管したい場所を選択してください。
Shadow explorer

注意: 多くの場合において、最近のランサムウェアによって感染したデータファイルを復元するのは不可能です。したがって用心のために、きちんとしたクラウドバックアップソフトウェアを使用することを推奨します。私たちが推奨しているのは、Carbonite、BackBlaze、CrashPlan、Mozy Homeです。ぜひチェックしてみてください。

Source: https://www.2-viruses.com/remove-alphabet-virus

Removal guides in other languages

Alphabet virus (en) 
El virus Alphabet (es) 
Alphabet virus (dk) 
Le virus Alphabet (fr) 
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *