スポンサーリンクウイルス を削除するには

-
 0
タイプ: アドウェア
 

スポンサーリンクウイルスをコンピュータから取り除いて、もう二度と煩わされたくない。いい考えだと思いませんか?とは言っても口で言うほど簡単ではないのが悔しいところです。「スポンサーリンク」に関連する広告はたいてい異なるディベロッパからのものであるため、実際コンピュータを感染させているのはどの種類のウイルスかを突き止めるのは難しい場合があるからです。ここでは、元のソースが何であるかに関係なく、けりをつけてスポンサーリンクの広告を取り除く手助けをします。

おそらく状況を理解するのに役立つであろう例があります。Ads by nameは同じようなウイルスです。これもあらゆる名前からもたらされるアドウェアに分類されます。上記のブログではさまざまなAds by nameのバリエーションをいくつも確認することができます。今回のケースも非常に似通った状況で、ただ名前が「何かによってスポンサーされたリンク」であるというだけです。例えば悪評高いTaboolaというウイルスも、「Taboolaによってスポンサーされたリンク」というラベルの着いたさまざまな広告を表示します。つまりスポンサーリンクウイルスに分類することができるのです。


Sponsored links ads

スポンサーリンクウイルスの起源

まず、「~によってスポンサーされたリンク」というスローガンを伴った広告を表示するアドウェア感染はたくさん世に溢れていること、どれと同時に「スポンサーリンク」と呼ばれる別のウイルスがあることを理解する必要があります。いずれにしても、「スポンサーリンク」というスローガンが付いた広告を常に目にするようなら、あなたのコンピュータはアドウェアによって感染していると確信していいでしょう。.

また、これらのスポンサーリンクの広告をたまにのみ見かけるという場合は、コンピュータが感染しているとは限らないことも述べておく必要があります。この場合は、不運なことにスポンサーリンクの広告でウェブトラフィックを収益化するウェブサイトを訪問してしまっているだけの可能性が考えられます。つまりあなたが訪問しているウェブサイトの所有者が意図的に広告を表示し、PPC(クリック単価)に基づいた報酬を受けているのでしょう。誰かが広告をクリックするたびに、パブリッシャーに一定の収入が入る仕組みです。

頻繁すぎるほどたびたびスポンサーリンクの広告に出くわすようであれば、使用しているウェブブラウザが悪意あるアドオンを搭載している明確なサインです。そう、このウイルスはブラウザアドオンに基づいているのです。つまりコンピュータにプログラムとしてインストールされるわけではなく、ウェブブラウザの拡張機能リスト上でしか見つけることができません。

これはスポンサーリンクウイルスの分布をはるかに容易にします。このアドオンのインストールリンクを、インターネットからダウンロード可能な無料のソフトウェアにバンドルするだけで十分なのです。何らかのフリーウェアをインストールするとき、ウェブブラウジング体験を向上させるという拡張機能を追加する「オファー」を得ることがあるかもしれません。このようなものはほぼ事実でないことがわかっているので、そのようなオファーに同意することはお勧めできません。それに加え、Appleユーザーも安心はできないことを述べておきたいと思います。スポンサーリンクウイルスに関するNortonのサポート投稿およびMac用駆除ガイドは、今日のマルウェアはさまざまなシステムを感染させるよう設計されており、あらゆるソフトウェアと互換性があるという事実を証明しています。

いずれにしても、お使いになっているウェブブラウザにマルウェアが潜んでいないかどうかを確認することを強く推奨します。拡張機能のリストをチェックし、馴染みのないものはそこから削除することによってこれが行えます。難しすぎると思われる場合は、本記事の下に掲載されているアドウェアの駆除ガイドを参考にしてください。すべてのステップを正しく完了させれば、スポンサーリンクウイルスやその他の似たようなアドウェアをすぐに取り除くことができるはずです。

もちろん、このような状況により簡単に対処できる方法もあります。マルウェア対策ソフトウェアをダウンロードして、駆除の作業を任せる方法です。例えば、Reimage SpyHunter、またはその類のプログラムを使ってコンピュータをスキャンすれば、既存するすべてのウイルスの99%を検出して取り除きます。トロイの木馬ウイルスやキーロガーのような非常に深刻で危険な感染もあるため、スポンサーリンクのようなアドウェアの駆除は、このようなパワフルなプログラムにとってむしろ朝飯前です。



自動 スポンサーリンクウイルス の除去ツール

 
 
注: Reimage (リイメージ) トライアルは Sponsored Links ウイルス のような寄生虫の検出を提供し、無料でその除去を補助する。あなたは、ファイル、プロセスを検出し削除することができますし、レジストリを自分でエントリまたはフルバージョンを購入。  We might be affiliated with some of these programs. Full information is available in disclosure

スポンサーリンクウイルスの削除方法

Windowsコントロールパネルを使用してSponsored links ウイルス を駆除する方法:

スポンサーリンクウイルス のようなハイジャッカーやアドウェアの多くは、通常のWindowsのプログラムの様なコンポーネントや、追加のソフトウェアをインストールする。マルウェアのこの部分に関しては、コントロールパネルからアンインストールされる事ができる。その手順は以下である。

  • 「スタート」から「コントロールパネル」を選択(旧Windows)、またはWindowsロゴキーから検索へ行き、コントロールパネルと入力する(Windows 8)

    Control panel
  • 「プログラムのアンインストール」を選択する
    Programs and features
  • プログラムのリストに目を通し、Sponsored links ウイルス に関連しているエントリーを選択する。 .
    Remove toolbars
  • 「アンインストール」または「削除」をクリックする。
    Uninstall
  • 多くの場合、アンチマルウェアプログラムは、関連したパラサイトを検出するのにより優れているので  ReimageSpyhunter、そして Hitmanをインストールして、この感染に関係している可能性がある他のプログラムを見極める事をお勧めする。
    Scan with spyhunter

ブラウザプラグインの中には、この方法で削除されないものもあるので、次の駆除ガイドも参照すべきである。

スポンサーリンクウイルス をあなたのブラウザから駆除する

  Top Internet Explorerから悪意のある拡張機能を削除する

  • 歯車のアイコン から「アドオンの管理」 を選択
    Add-on
  • ツールバーおよび拡張機能 に目を通し、 Sponsored links ウイルス に関連のあるもの、不明なアイテム、およびGoogle、Microsoft、Yahoo、Oracle 、Adobe製でないものは全て削除する。
    Disable add-ons
  • オプションを閉じる

(任意) ブラウザ設定をリセットする

それでもまだ スポンサーリンクウイルス に関連した問題が生じている場合はお使いのブラウザの設定をデフォルテ設定にリセットしてください。

  • 歯車のアイコン > 「インターネットオプション」
    Internet options
  • 「詳細設定 」 タブを開き 「リセット」 ボタンをクリック
    Reset settings
  • 個人設定を削除する 」 のチェックボックスを選択し 「リセット」 ボタンをクリック
    Reset approve
  • 確認ボックスにて 「閉じる」 ボタンをクリックし、ブラウザを閉じる。

ブラウザ設定がリセットできず、問題がしつこく発生し続けるときは、マルウェア対策プログラムを使ってお使いのシステムをスキャンしてください。


Reset

  Top Chome からSponsored links ウイルス を削除する

  • Google Chrome 画面右上のメニューボタンをクリック。「 設定 」を選択
    Open settings
  • 左側のメニューバー上で 「 拡張機能 」をクリック
  • 拡張機能のリストに目を通し、特に スポンサーリンクウイルス のような不要なプログラムを削除する。 Sponsored links ウイルス またはその他の削除したいアドオンの横にあるごみ箱のアイコンをクリック。
    Remove extensions
  • 確認画面で 「 削除 」ボタンをクリック
    Remove approve
  • 不明な場合は一時的に無効にすることができます。
    Disable extension
  • Chromeを再起動させる

(任意) ブラウザの設定をリセットする

それでもまだ スポンサーリンクウイルス に関連した問題が生じている場合はお使いのブラウザの設定を元のデフォルトにリセットしてください。

  • Chromeのメニューボタン(3本の横線)をクリックして 「設定」 を選択
    Open settings
  • ページの最後までスクロールさせ 「設定をリセットする」 ボタンを選択
    Reset settings
  • 表示された確認画面にて 「リセット」 ボタンをクリック
    Reset approve

ブラウザ設定がリセットできず、問題がしつこく発生し続けるときは、マルウェア対策プログラムを使ってお使いのシステムをスキャンしてください。

FirefoxからSponsored links ウイルスを削除する

  • Mozilla 画面の右上端にあるメニューボタンをクリックし、「アドオン」アイコンを選択。(またはキーボードのCtrl+Shift+Aを同時に押す)
    Select add-on
  • 拡張機能およびアドオンリスト に目を通し、 スポンサーリンクウイルス に関連のあるアイテムや、見覚えのないアイテムを全て削除する。知らない拡張機能であったり、それがMozilla、Google、Microsoft、Oracle、Adobe製でない場合は、おそらく不要なものなので削除する。
    Remove add-on

(任意) ブラウザ設定をリセットする

それでもまだ Sponsored links ウイルス に関連した問題が生じている場合は、お使いのブラウザの設定を元のデフォルトへとリセットしてください。

  • Mozilla Firefox 画面の右上端にあるメニューボタンをクリック。 「ヘルプ」 ボタンをクリック
    Help button
  • ヘルプ メニュー上で 「シューティング情報」 をクリック
    Troubleshooting
  • 「Firefox をリセットする」 ボタンをクリック
    Refresh firefox
  • 確認ボックスにて 「Firefoxをリセットする」 ボタンをクリック。Mozilla Firefoxが閉じて、元のデフォルトに変更されます
    Refresh firefox approve

ブラウザ設定がリセットできず、問題がしつこく発生し続けるときは、マルウェア対策プログラムを使ってお使いのシステムをスキャンしてください。

スポンサーリンクウイルス Microsoft Edgeから取り除く方法:  Top

Microsoft Edge の設定をリセットする (方法 1)

  • Microsoft Edgeを開いてメニューボタン(画面右上の3つのドット)をクリックし、[設定]を開きます。
    Open settings
  • [設定]画面で[クリアしたいものをの選択]ボタンをクリックします。 Choose clear
  • 削除したいものを全て選び[クリア]をクリックします。
    Clear browsing data
  • [スタート]を右クリックして[タスクマネージャ]を選択します。
    Open task manager
  • [プロセス]タブの中でMicrosoft Edgeを右クリックし、[詳細を見る]を選びます。 Go to details
  • 詳細のところでIn the Details look for entries named Microsoft Edgeという名前のエントリを探し、[タスクの終了]を選択してエントリを終了させます。
    End Edge task

このひとつめの方法で効果がなかった場合は、下の少し上級向けの方法を試してみてください。これらのステップに取り掛かる前には、必ずデータをバックアップしておきましょう。

Microsoft Edge の設定をリセットする (方法 2)

  • 以下のフォルダにナビゲートします: C:\Users\%username%\AppData\Local\Packages\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe このフォルダ内にあるエントリを全て選択し、右クリックして[削除]を選択します。
    Delete files
  • [スタート]ボタンをクリックし、“Windows power”と入力します。 Right click on the Windows PowerShell エントリを右クリックし、アドミニストレータとして実行するを選択します。
    Open powershell
  • 画面に「Administrator: Windows PowerShell」というウインドウが現れたら、PSの後に「cd C:\WINDOWS\system32」というフレーズを貼り付け、「Get-AppXPackage -AllUsers -Name Microsoft.MicrosoftEdge | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml" -Verbose}
    Run command

」と入力します。このステップを完了させれば スポンサーリンクウイルス はお使いの Microsoft Edge ブラウザから取り除かれているはずです。

  Top Safari (Mac OS X)から Sponsored links ウイルス を削除する

  • Safariメニューをクリック
  • 「環境設定」 を選択
    Open preferences
  • 「拡張機能」 タブをクリック
  • スポンサーリンクウイルス の近くにある 「アンインストール」 ボタンをクリック。 不明なもの、疑わしいアイテムは全て削除する。その拡張機能が必要かどうか不明な場合には、 「有効」 のボックスからチェックを外すと一時的に拡張機能を無効にします。
    Extensions
  • Safariを再スタートさせる

(任意) ブラウザの設定をリセットする

それでもまだ Sponsored links ウイルス に関連した問題が生じている場合はお使いのブラウザの設定をデフォルテ設定にリセットしてください。

  • 画面の左上端にあるSafari メニューをクリックして「Safariのリセット」を選択
    Choose reset
  • リセットしたいオプションを選択し、(たいていの場合全てが選択された状態で表示される)「リセット」ボタンをクリック。
    Reset

ブラウザ設定がリセットできず、問題がしつこく発生し続けるときは、マルウェア対策プログラムを使ってお使いのシステムをスキャンしてください。

手動 スポンサーリンクウイルス の除去

 
プロセス:
     
 
 
11月 27, 2017 16:45, 11月 27, 2017 16:45
 
   
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です