GoogleがChromeブラウザの広告フィルター機能を準備中

-
 0

Googleが広告ブロック/フィルター機能のリリースを表明。実装されれが不適切なプロモーションコンテンツを閲覧することはなくなると思われる。AdBlocker (広告ブロック機能)のアドオンをブラウザにインストールしている人もいるだろうが、同じような機能がGoogle Chromeに自動的に搭載される予定だ。

このニュースは、考えてみると驚くべき決定のように思える。なぜならGoogleはオンラインの広告から収益を得ているからだ。それにもかかわらず、Googleは彼らの広告に責任を逃れさせないことを約束。サポートされた広告主のコンテンツが表示されるには適切でないと判断された場合、これらの違反は見落とされないとしている。

現在多くの広告企業が新しいポリシーに反する見込みのあるコンテンツを提出しているため、Googleは彼らに名誉を回復する機会を与えている。同社はウェブサイト運営者に広告を変更する時間が設けられていることを通知。「Ad Experience Reports」と呼ばれるツールを使うと、自分たちの広告がブロックされるかどうかを確認し、ブロックされたくないコンテンツを再調整することができる。

煩わしいオンライン広告は少なければ少ないほどいいというのは、間違いなくユーザーの希望だ。ここ数年の間で、広告ブロッカーの人気が大幅に高まっている。しかし一方でウェブサイトにとっては広告掲載で収入を得ることが困難になっている。

そのためポップアップやバナーのないドメインを楽しむ代わりに、一定の金額の支払いを提案するドメインに遭遇したことがあるユーザーもいるのではないだろうか。案の定、ユーザーはこのオプションにお金を払うよりももっと簡単な方法を探す。広告を無料でブロックする広告ブロッカーをインストールするのだ。

Googleがこのキャンペーンを開始すれば、ユーザーは広告の数が確実に少ないことを目の当たりにするだろう。しかし登場予定のこの特性は広告をブロックするものと混同してはならない。手動でインストールするアドオンはセキュリティに関係なく全ての広告をブロックする。一方でGoogleの方はオンライン広告をクリーンにすることを目標としている。つまり悪質なもの、不適切だと思われる広告マテリアルは表示されるのを防ぐが、まともな広告は通常通り引き続き表示されるのだ。

どんな広告がブロックされるのだろうか? 過剰にド派手で、大音量のサウンド効果を含む広告を自動的に表示するような迷惑なもの、ユーザーが望むウェブサイトへのアクセスを妨げるもの、何らかの点で新しいポリシーに違反するものなどが挙げられる。

Coalition for Better Ads」のメンバーとして、Googleはおそらくオンライン広告をこれ以上悪化させないという大きな使命を果たすべき必要性を感じたのではないだろうか。宣伝コンテンツは多くのインターネットウェブサイトにとっての燃料であることは強調されている。したがって正しく機能させることが重要だ。広告フィルターを予め搭載したブラウザを生成するというGoogleの目標が初めてほのめかされたのは4月のこと。この革新にはまだまだ批判もある。しかしユーザーのブラウジング体験をより安全なものにしようとする試みは深く感謝されるべきではないだろうか。

出典: zdnet.com

 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です