Boeing コンピュータシステム、WannaCry ウイルスによって妨害される

-
 0

アメリカは正式に、恐ろしいWannaCry 感染に関して北朝鮮を非難した。このランサムウェアによる恥ずべき活動は、当初の世界的な攻撃の間で実証されたときの能力に比べるとさほど強力ではない。現在、WannaCry ウイルスはターゲットをより小さなものに絞り、大混乱を引き起こすことを待ち侘びる。2月、コネチカット州政府がWannaCryの活動を報告し、160もの州政府機関がサイバー攻撃を受けていることを確認した。

WannaCry ウイルス、攻撃を続行するも成功には至らず

最新の報告では、WannaCry ウイルスが航空機製造業のBoeing Co.に対する攻撃を開始したことがわかった。このニュースは、Boeing社の従業員がランサムウェアの侵入に関する情報と航空機ソフトウェアへの感染の可能性に関する情報を含んだメモを送った後に広がった。


Boeing hit by Wannacry

多くのセキュリティ研究者がこの攻撃を「重大な被害」、「非常に深刻」、「致命的」などと素早く指摘した一方で、Boeing 航空は事件自体が必要以上に大きくなっていると示した。同社によれば、彼らは確かにマルウェア攻撃の被害を受けたが、その宣言は「過言で不正確」と明言した。Boeing社の従業員たちは、マルウェアの限定的な侵入を検出し、ごく少数のシステムに影響が及んだことを説明している。またこのランサムウェア攻撃が製造や納入に影響を与えることはないことが述べられている。Boeing Airplanesのツイート全文:

“Statement: A number of articles on a malware disruption are overstated and inaccurate. Our cybersecurity operations center detected a limited intrusion of malware that affected a small number of systems. Remediations were applied and this is not a production or delivery issue”

プログラムやオペレーティングシステムは定期的に更新することが重要

WannaCry ウイルスが未だにオペレーティングシステムを感染させていることには驚きだ。Marcus Hutchins氏がすでにこのランサムウェアに対するキルスイッチをリリースしているが、一部の人々は依然としてコンピュータデバイスを危険の可能性に晒している。手持ちのオペレーティングシステムやその他のソフトウェアを定期的に更新していないと、ユーザーは脆弱性に晒されることになる。エクスプロイトキットが欠陥を見つけ出してそれを利用しようとしないよう、ユーザーはソフトウェアおよびOSを定期的にパッチすることが最善だ。.

これに加え、重要なデジタルファイルはバックアップストレージに保存することも忘れないようにしよう。デジタルデータの代替ソースがあれば、元のバージョンが暗号化されてしまった事態にも慌てる必要がない。USB フラッシュドライブにファイルを保管する人もいる。オンラインストレージを使用したくない場合にも可能なソースである。

Source: endgadget.com .

 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です