TDSSKiller

 

スコアカードとまとめ

名前: TDSSKiller
タイプ: 緊急スキャナ,
会社: http://www.kaspersky.com
プライス:  (利用可能な空き)
評価:
 
 

TDSSKiller の肯定的な側面

ルートキットの駆除に優れている。

TDSSKiller の否定的な側面

  • プロテクトを提供しない。
  • 多感染の際に、他のパラサイトを検出しない。

TDSSKiller レビュー詳細

TDSSKillerは、今日使用されている最も評判の良い無料アンチルートキットツールの1つである。それはTDSSやZeroAccessルートキットと戦うカスペルスキーのユーティリティープログラムとして始まったが、他のパラサイトファミリーにも対応している。それは完全に無料プログラムで、マルウェアの駆除にはかなり有効である。それは疑いのあるエントリーだけでなく、パラサイトも検出するので、一般的なアンチルートキットソフトウェアより優れている。その結果、TDSSKillerはより多くの情報を供給し、複雑なパラサイトの扱いに優れている。

TDSSKillerは非常に単純なユーティリティープログラムである。ダウンロードをし、起動し、そしてスキャンする。それは、よく知られているルートキットやルートキットのビヘイビアー(隠されたファイルやプロセスとしても知られる)の両方を検出する。よく知られているルートキットは問題なく削除できるが、疑惑を起こさせるものはさらに調査が必要である。いくつかのアンチウイルスソフトやデジタル著作権管理ソフトは、完全に正当であるが、ルートキットの技術を使用する。

このソフトウェアは、32ビット版と64ビット版の両方のWindowsで作動するので、どちらのバージョンをダウンロードすべきか調べる必要はない、これは、例えばHitmanによく見られる問題である。昔からあるアンチルートキットの中には、64ビット版のシステムでの実行を完全に拒否するものもある。

TDSSKillerの主な欠点は、それがアンチルートキットのみであるという事と、何のプロテクトも提供しない事である。その結果、多感染した際に問題を引き起こすこともあるであろう。例えば、rogueの中には、駆除後すぐにルートキットを再インストールするものもあるため、異なるアプローチが必要となる。

 
 
 
   
11月 19, 2014 21:48, 4月 3, 2017 21:09