NotPetyaの余波: FedExが永久にファイルを紛失した可能性

NotPetyaについての考察はあまり心地の良いものではありません。かなり多くの被害者に対し、助けられる可能性はかなりの低さです。世界中で明るみになった脅威的な攻撃は、ウクライナを主なターゲットとしていました。初期のアクションと見た目に人々は騙され、この変種は間違いなくランサムウェアだと信じていました。ランサムウェアはファイルの暗号化処理を実行する悪質なペイロードを伝達させるマルウェアの一種です。最初の模倣が表面化されたのはごく最近です: そのひとつはPetya+と呼ばれています。

しかしすぐにNotPetyaはクリプトウイルスではなく他種の感染であることが明らかになりました。セキュリティ研究者はすぐにこれを、オペレーティングシステムにおそらく永久的にダメージを与える影響を残すディスクワイパーに分類しました。

もう少し文脈を加えれば、NotPetyaは会計のためのウクライナ製製品であるM.E.Docのための不正なアップデートを介して分布されました。したがって、要求されたランサムを支払うための資金をほとんど持たないような人々を感染させるのではなく、この暗号ウイルスはその上を狙ったのです。ビジネス企業やスーパーマーケットなどに属するコンピュータネットワークへの侵入に成功しました。感染の嵐が落ち着いた直後ハッカーたちはそれらの収入に手を伸ばし、さらに感染の治療法を売り込もうと試みました


NotPetya virus and FedEx

FedExは国際的な配送サービスであり、NotPetyaによって暗号化されたデータを一生復元できないかもしれない不幸な犠牲者のひとりです。FedExの代表者は、ディスクワイパーによって被った被害のために少なくとも当分の間は彼らのサービスが合併症を被ることになると述べています。この「合併症」とは配達の受け取りや配送の準備の際に遅延が生じる可能性のことを指しています。

同社はファイル復元の可能性を否定しないと述べていますが、それには多くの時間と労力がかかるであろうことを認めています。さらにFedExは、TNTの運営および顧客サービスの機能が損なわれているため、同社が攻撃による犠牲の数をまだ計算できていないことも示しています。FedExが配送サービスにはランサムウェア攻撃の損害を支払う保険はないと説明するのは辛辣です。

これは多くの人が持っている勘違いに気づくところです。ハッカーたちはより強く、より攻撃的になってきているのに、多くの人は以前としてサイバーセキュリティにほとんど関心を示していません。FedExはディスクワイパーに感染するなんて予想もしていなかったでしょう。このような事態が起きるなど誰が知ることができたでしょうか。

NotPetyaに襲われた他の多くサービスも、その重度にかかわらず未だに迷惑を被っています。誰しも皆、ビジネスのデータを適切に保護しておく必要があることを覚えておくことが重要です。一般のインターネット訪問者なら、まずは全てのファイルをバックアップストレージにアップロードしておきましょう。悪意ある感染があなたのデバイスを攻撃しないことを願います。

出典: securityweek.com

 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です