WebSearch.com ウイルス を削除するには

 

WebSearch.comウイルスは、Internet Explorer、Mozilla Firefox、そしてGoogle Chromeのブラウザに隠れて入り込み、沢山の営利的なウェブサイトを宣伝しようとする、ブラウザハイジャッカーである。通常コンピューターユーザーは、他のプログラムをダウンロードしている間に、このハイジャッカーを自らインストールしてしまう。それは、無料の音楽プレイヤー、ビデオレコーダー、PDF作成ソフト、そして他のアプリケーションにバンドルされている可能性があるが、そのことははっきりと開示されない。

一旦中に入ってしまうと、そのプログラムはあなたのホームページとデフォルトの検索プロバイダーを、WebSearch.comに取り替える。一目見ただけでは、そのウェブサイトは通常の検索エンジンに見えるが、それを使用してみると、その検索結果が、主にスポンサー付きのウェブサイトに基づいていることに気付くであろう。加えて、あなたがインターネットを閲覧する際に、それは沢山の広告を追加し、疑わしいウェブサイトへのリダイレクトを引き起こす可能性がある。ご存知の通り、あなたのシステムが感染するリスクを回避したければ、見知らぬページへ訪問することは推奨されない。このような理由と、それがユーザーの許可なしに入り込むことから、WebSearch.comは疑わしい検索エンジンと見なされている。

通常、このタイプのウェブサイトは、アフィリエイトマーケティングから利益を得るようにデザインされており、様々なスポンサー付きのページを宣伝する。加えて、WebSearch.comウイルスは、ブラウザ拡張機能やプラグインなど、他の潜在的に不要なプログラムを追加しようとする可能性がある。通常このタイプのウェブサイトは、他のソフトウェアをインストールしている間に宣伝される。あなたのホームページを、WebSearch.comのような、ほとんど知られていないページへと変更することは、絶対に許可すべきではない。カスタムか高度なインストールを必ず選択すべきである。そうすることで、ブラウザ設定の変更や追加ツールのインストールの企てを見極めることができる。

もしあなたのブラウザの1つが既に影響を受けていたら、WebSearch.comウイルスを即駆除するべきである。コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」へ行き、このドメインに関連しているもの全てをアンインストールする。このウイルスのいくつかのバージョンは、ブラウザ設定の変更をできないようにするソフトウェアをインストールする。それらを発見するためには、Spyhunterで、もしくは他の評判の良いアンチスパイウェアでのスキャンが役に立つかもしれない。その後、その拡張機能をアンインストールし、ブラウザの設定をリセットすることができる。

Internet Explorer(旧バージョン) からのWebSearch.comウイルスの駆除方法:

  1. 検索ボックスの右側にある矢印をクリックする。
  2. 「検索プロバイダーの管理」をクリックする。
  3. WebSearch.comをリストから削除する。

Internet Explorer11からのWebSearch.comウイルスの駆除方法:

  1. 設定のアイコン(右上)をクリックし、「アドオンの管理」を選択する。
  2. 「検索プロバイダー」を選択する。
  3. 検索エンジンのデフォルトをBingかGoogleへ変更する。
  4. もしどちらのプロバイダーも見つからなければ、スクリーンの下にある「追加の検索プロバイダーを検索」を使用し、Googleをインストールする。

FirefoxからのWebSearch.comウイルスの駆除方法:

  1. アドレスバーに“about:config” を入力する。そうすると設定のページが開く。
  2. 検索ボックスに “Keyword.url” と入力する。右クリックでリセットする。
  3. 検索ボックスに “browser.search.defaultengine” と入力する。右クリックでリセットする。
  4. 検索ボックスに “browser.search.selectedengine” と入力する。右クリックでリセットする。
  5. 検索ボックスに  “browser.startup.homepage” と入力する。右クリックでリセットする。
  6. browser.newtab.url”を検索する。右クリックでリセットする。この様にすることで、新しいタブを開く度にその検索ページが起動しない。
  7. もしその設定が元に戻って、アンチマルウェアプログラムでのスキャンで問題が見つからなければ、Firefoxを閉じ、ファイルエクスプローラーを開き、検索バーに%AppData% と入力する。検索ボックスにuser.js と入力する。もしこのファイルが既に存在していた場合、ファイル名を変更し、Firefoxを再び起動する。以上のステップを繰り返す必要がある。

Google ChromeからのWebSearch.comウイルスの駆除方法:

  1. ブラウザのツールバーの三本線のアイコンをクリックする。
  2. 「設定」を選択する。
  3. 「検索」セクションに移動し、「検索エンジンの管理」をクリックする。
  4. 不必要な検索エンジンをリストから削除する。
  5. 「設定」に戻る。起動時セクションから「新しいタブページを開く」を選択する。(「ページを設定」のリンクから不必要なページを削除する事ができる。)
  6. もし新しいタブページがハイジャックされていたら、アンチマルウェアプログラムでスキャンするか、Chromeのウェブストアから「New Tab Redirect 」という拡張機能をインストールして使用する必要がある。

自動 WebSearch.com ウイルス の除去ツール

 

その他のツール

 
  0   0
    Malwarebytes Anti-Malware
 
注: Reimage トライアルは WebSearch.com ウイルス のような寄生虫の検出を提供し、無料でその除去を補助する。あなたは、ファイル、プロセスを検出し削除することができますし、レジストリを自分でエントリまたはフルバージョンを購入。  We might be affiliated with some of these programs. Full information is available in disclosure 

WebSearch.com ウイルス スクリーンショット

 
         
12月 10, 2014 21:03, 12月 10, 2014 21:03

 

WebSearch.com ウイルス」への1件のフィードバック

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です