VideoStripe を削除するには

 

VideoStripe は、ユーザーのコンピュータに対して行ういくつかの悪意ある行為のためにアドウェアと分類されています。インストールされると、お使いになっている全てのウェブブラウザ上にあらゆる広告を表示し始めます。単に煩わしいだけでなく悪意あるものでもあるので、VideoStripe をコンピュータにインストールしたままにしておくべきではありません。

このマルウェアは他の無料アプリケーションと束になって巡回し、ユーザーが気づかないうちにコンピュータへとインストールされるので、ユーザーがその存在に気づくのは既にPCにインストールされてからです。しかしVideoStripe によって表示される広告は全て「Ads by VideoStripe」または「Brought to you by VideoStripe」などのラベルが付けられているので、見つけるのは難しくありません。お使いになっているいずれかのウェブブラウザ上でこれに気づいたら、コンピュータは確実に感染している状態なのでこの問題を解決する必要があります。

VideoStripe は手動的にまたは自動的に取り除くことができます。サイバー感染を以前に取り除いた経験がない方には、より簡単で時間的にも効率的な自動削除方法がお勧めです。SpyHunter または Malwarebytes のようなマルウェア対策アプリケーションをダウンロードしてコンピュータをスキャンするだけ。自動的に脅威を検出しあっという間に駆除します。また将来的な同様の感染からもコンピュータを保護するので、このようなアプリケーションはインストールしておく価値があります。.

しかし何らかの理由で新しくマルウェア対策ツールをダウンロードするには抵抗があるという方は、VideoStripe を手動的に取り除くこともできます。このプロセスには特定の知識が必要となるので、少しでもその助けとるるよう各ステップごとに説明したVideoStripe の手動削除ガイドを作成しました。記事の最後までスクロールしてご覧ください。全てのステップに慎重に従っていただければ、この脅威を永久的に駆除することができるでしょう。

このトピックまたは感染源そのものに関する質問がありましたら、以下のコメント欄よりお気軽にお問い合わせください。返答できるよう最善を尽くします。VideoStripe アドウェアに関する詳細を知りたい方は、記事を続けてお読みください。

VideoStripe アドウェアとは

このアプリケーションは、ユーザーが幅広い映画のデータベースにアクセスでき、出先でも無料で映画を見ることができるようにすると言って期待をさせていますが、真実ではありません。無料で見られる映画の代わりに、様々な煩わしい広告が与えられることになります。これらの広告はポップアップやポップアンダー、インテキスト、バナー、文脈型などあらゆる広告形態で表示されます。ウェブブラウザ上に新しいタブや画面を開くこともあります。

これらの広告は、その時その時全くランダムに現れるので非常に迷惑です。通常、ポップアップは何らかの商品を魅力的な価格で購入できるというような商業的な提供を表示します。かなり魅力的なオファーに見えますがこれに騙されてはいけません。ユーザーの気を引き広告をクリックさせるためだけのトリックに過ぎないからです。もちろん、クリックすることはお勧めしません。クリックすると瞬時に他のウェブサイトへとリダイレクトさせられ、中にはハッカーや詐欺師などのサイバー犯罪者によって管理されているウェブサイトであることもあります。こうしてコンピュータは感染させられ、もしくは詐欺の被害を被ることにもなり兼ねません。

VideoStripe

アドウェアはGoogle Chrome、Mozilla Firefox、Internet Explorer、Safari などを含む全ての主要なウェブブラウザに取り付けが可能なブラウザアドオンとして機能します。 VideoStripe はサイバー犯罪者のために特別に開発された宣伝ネットワークであると言えます。彼らは全ての合法な宣伝ネットワークへの出入りを禁じられているため、このようなアドウェアを利用して自分たちのウェブサイトを促進しアクセス量を増やそうとしているからです。VideoStripe がお使いのコンピュータの中にインストールされた状態であるということは、サイバー犯罪者が日常的にブラウザを介したすぐそこから手を伸ばすことができる状態であるということであり、非常に危険です。

またVideoStripe が持つもうひとつの望ましくない性質は、データの収集です。インストールされると、このプログラムはユーザーのブラウジング履歴や検索項目、よく訪問するサイト、IPアドレスやメールアドレスなどに至るまでユーザーのブラウジング習慣に関するいろいろな情報を集めます。この情報はマーケットの目的のために使われることになります。集められたデータに合わせて第三者機関は自分たちの広告を調整し、ユーザーにより関連性のある魅力的なものへと作り直します。このようにしてユーザーが広告をクリックする確率を上げるためです。これこそVideoStripe の大きな目標です。開発者は広告がクリックされるたびに収入を得る仕組みになっています。

VideoStripe の流通方法

VideoStripe には、信頼性の低いウェブサイトから無料のソフトウェアをダウンロードしてインスト―ルすることにより簡単に感染することがあります。すなわち、メディアプレイヤーやダウンロードマネージャをダウンロードしてシステムにインストールすると、気づきもしないうちにVideoStripe が一緒にインストールされている可能性があるということです。これを回避するには、無料ソフトウェアのインストール時に十分注意深くなることが必要です。どのステップも飛ばさず、「カスタムモード」または「アドバンスモード」でのインストールを選択しましょう。こうすることによって全ての選択肢を確認し、必要であれば変更することができます。利用規約にきちんと目を通すことも賢明です。時遅くしてすでにお使いのコンピュータが感染してしまっている場合は、ゆっくり構えず早急にこのマルウェアを駆除するのに必要な措置を取りましょう。


自動 VideoStripe の除去ツール

 
 
注: Reimage (リイメージ) トライアルは VideoStripe のような寄生虫の検出を提供し、無料でその除去を補助する。あなたは、ファイル、プロセスを検出し削除することができますし、レジストリを自分でエントリまたはフルバージョンを購入。  We might be affiliated with some of these programs. Full information is available in disclosure

VideoStripe 広告の手動削除方法

Windowsコントロールパネルを使用してVideoStripe を駆除する方法:

VideoStripe のようなハイジャッカーやアドウェアの多くは、通常のWindowsのプログラムの様なコンポーネントや、追加のソフトウェアをインストールする。マルウェアのこの部分に関しては、コントロールパネルからアンインストールされる事ができる。その手順は以下である。

  • 「スタート」から「コントロールパネル」を選択(旧Windows)、またはWindowsロゴキーから検索へ行き、コントロールパネルと入力する(Windows 8)

    Control panel
  • 「プログラムのアンインストール」を選択する
    Programs and features
  • プログラムのリストに目を通し、VideoStripe に関連しているエントリーを選択する。 .
    Remove toolbars
  • 「アンインストール」または「削除」をクリックする。
    Uninstall
  • 多くの場合、アンチマルウェアプログラムは、関連したパラサイトを検出するのにより優れているので  ReimageMalwarebytes、そして Stopzillaをインストールして、この感染に関係している可能性がある他のプログラムを見極める事をお勧めする。
    Scan with spyhunter

ブラウザプラグインの中には、この方法で削除されないものもあるので、次の駆除ガイドも参照すべきである。

VideoStripe をあなたのブラウザから駆除する

  Top Internet Explorerから悪意のある拡張機能を削除する

  • 歯車のアイコン から「アドオンの管理」 を選択
    Add-on
  • ツールバーおよび拡張機能 に目を通し、 VideoStripe に関連のあるもの、不明なアイテム、およびGoogle、Microsoft、Yahoo、Oracle 、Adobe製でないものは全て削除する。
    Disable add-ons
  • オプションを閉じる

(任意) ブラウザ設定をリセットする

それでもまだ VideoStripe に関連した問題が生じている場合はお使いのブラウザの設定をデフォルテ設定にリセットしてください。

  • 歯車のアイコン > 「インターネットオプション」
    Internet options
  • 「詳細設定 」 タブを開き 「リセット」 ボタンをクリック
    Reset settings
  • 個人設定を削除する 」 のチェックボックスを選択し 「リセット」 ボタンをクリック
    Reset approve
  • 確認ボックスにて 「閉じる」 ボタンをクリックし、ブラウザを閉じる。

ブラウザ設定がリセットできず、問題がしつこく発生し続けるときは、マルウェア対策プログラムを使ってお使いのシステムをスキャンしてください。


Reset

  Top Chome からVideoStripe を削除する

  • Google Chrome 画面右上のメニューボタンをクリック。「 設定 」を選択
    Open settings
  • 左側のメニューバー上で 「 拡張機能 」をクリック
  • 拡張機能のリストに目を通し、特に VideoStripe のような不要なプログラムを削除する。 VideoStripe またはその他の削除したいアドオンの横にあるごみ箱のアイコンをクリック。
    Remove extensions
  • 確認画面で 「 削除 」ボタンをクリック
    Remove approve
  • 不明な場合は一時的に無効にすることができます。
    Disable extension
  • Chromeを再起動させる

(任意) ブラウザの設定をリセットする

それでもまだ VideoStripe に関連した問題が生じている場合はお使いのブラウザの設定を元のデフォルトにリセットしてください。

  • Chromeのメニューボタン(3本の横線)をクリックして 「設定」 を選択
    Open settings
  • ページの最後までスクロールさせ 「設定をリセットする」 ボタンを選択
    Reset settings
  • 表示された確認画面にて 「リセット」 ボタンをクリック
    Reset approve

ブラウザ設定がリセットできず、問題がしつこく発生し続けるときは、マルウェア対策プログラムを使ってお使いのシステムをスキャンしてください。

FirefoxからVideoStripeを削除する

  • Mozilla 画面の右上端にあるメニューボタンをクリックし、「アドオン」アイコンを選択。(またはキーボードのCtrl+Shift+Aを同時に押す)
    Select add-on
  • 拡張機能およびアドオンリスト に目を通し、 VideoStripe に関連のあるアイテムや、見覚えのないアイテムを全て削除する。知らない拡張機能であったり、それがMozilla、Google、Microsoft、Oracle、Adobe製でない場合は、おそらく不要なものなので削除する。
    Remove add-on

(任意) ブラウザ設定をリセットする

それでもまだ VideoStripe に関連した問題が生じている場合は、お使いのブラウザの設定を元のデフォルトへとリセットしてください。

  • Mozilla Firefox 画面の右上端にあるメニューボタンをクリック。 「ヘルプ」 ボタンをクリック
    Help button
  • ヘルプ メニュー上で 「シューティング情報」 をクリック
    Troubleshooting
  • 「Firefox をリセットする」 ボタンをクリック
    Refresh firefox
  • 確認ボックスにて 「Firefoxをリセットする」 ボタンをクリック。Mozilla Firefoxが閉じて、元のデフォルトに変更されます
    Refresh firefox approve

ブラウザ設定がリセットできず、問題がしつこく発生し続けるときは、マルウェア対策プログラムを使ってお使いのシステムをスキャンしてください。

VideoStripe Microsoft Edgeから取り除く方法:  Top

Microsoft Edge の設定をリセットする (方法 1)

  • Microsoft Edgeを開いてメニューボタン(画面右上の3つのドット)をクリックし、[設定]を開きます。
    Open settings
  • [設定]画面で[クリアしたいものをの選択]ボタンをクリックします。 Choose clear
  • 削除したいものを全て選び[クリア]をクリックします。
    Clear browsing data
  • [スタート]を右クリックして[タスクマネージャ]を選択します。
    Open task manager
  • [プロセス]タブの中でMicrosoft Edgeを右クリックし、[詳細を見る]を選びます。 Go to details
  • 詳細のところでIn the Details look for entries named Microsoft Edgeという名前のエントリを探し、[タスクの終了]を選択してエントリを終了させます。
    End Edge task

このひとつめの方法で効果がなかった場合は、下の少し上級向けの方法を試してみてください。これらのステップに取り掛かる前には、必ずデータをバックアップしておきましょう。

Microsoft Edge の設定をリセットする (方法 2)

  • 以下のフォルダにナビゲートします: C:\Users\%username%\AppData\Local\Packages\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe このフォルダ内にあるエントリを全て選択し、右クリックして[削除]を選択します。
    Delete files
  • [スタート]ボタンをクリックし、“Windows power”と入力します。 Right click on the Windows PowerShell エントリを右クリックし、アドミニストレータとして実行するを選択します。
    Open powershell
  • 画面に「Administrator: Windows PowerShell」というウインドウが現れたら、PSの後に「cd C:\WINDOWS\system32」というフレーズを貼り付け、「Get-AppXPackage -AllUsers -Name Microsoft.MicrosoftEdge | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml" -Verbose}
    Run command

」と入力します。このステップを完了させれば VideoStripe はお使いの Microsoft Edge ブラウザから取り除かれているはずです。

  Top Safari (Mac OS X)から VideoStripe を削除する

  • Safariメニューをクリック
  • 「環境設定」 を選択
    Open preferences
  • 「拡張機能」 タブをクリック
  • VideoStripe の近くにある 「アンインストール」 ボタンをクリック。 不明なもの、疑わしいアイテムは全て削除する。その拡張機能が必要かどうか不明な場合には、 「有効」 のボックスからチェックを外すと一時的に拡張機能を無効にします。
    Extensions
  • Safariを再スタートさせる

(任意) ブラウザの設定をリセットする

それでもまだ VideoStripe に関連した問題が生じている場合はお使いのブラウザの設定をデフォルテ設定にリセットしてください。

  • 画面の左上端にあるSafari メニューをクリックして「Safariのリセット」を選択
    Choose reset
  • リセットしたいオプションを選択し、(たいていの場合全てが選択された状態で表示される)「リセット」ボタンをクリック。
    Reset

ブラウザ設定がリセットできず、問題がしつこく発生し続けるときは、マルウェア対策プログラムを使ってお使いのシステムをスキャンしてください。

 

VideoStripe スクリーンショット

 
     
 
 
3月 28, 2015 16:33, 3月 28, 2015 16:33
 
   
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です