IoT おもちゃが子供たちとそのプライバシーを脅威にさらすとFBI が警告

IoT おもちゃは今日の子供たちが楽しむイノベーションのひとつだが、新しいテクノロジーがすべて適切にデザインされていると信用し過ぎてはいないだろうか?FBIは、子供のために買うIoT おもちゃの安全性には大人がしっかり注意を払うべきであることを示すアナウンスを発表した。

新しい境地にあるこれらのおもちゃは脆弱な機能を備えて製造される可能性もある。そこからセキュリティ上の懸念が浮上しているのだ。一日中カメラやマイクを介して秘かに子供たちを記録したり、地理位置情報を表示したりすることができる。早い話が子供たちのプライバシーをひどく脅かす可能性があるのだ。もしあなたが保護者であるなら、このニュースを軽視しないでいただきたい。


IoT toys

本来、あなたの子供を注意深く観察し、ひとつひとつの行動を撮影できるおもちゃにはラベルが付けられているべきだ。にもかかわらず、私たちはそのようなおもちゃの販売者が監視機能について客に警告することに十分な時間を費やしているとは思えない。これらの賢い商品はインターネットに接続できる。ということはコンピュータだけでなく一見無邪気に見えるおもちゃの中にも、侵害用のハッキング技術が適用されている可能性がある。これにより、子どもが見知らぬ誰かによって身近で監視され記録された場合、非常に深刻な犯罪へとつながる恐れもあるのだ。

このスパイ方法は、IoT おもちゃの近くで行われるアクティビティに応じてさまざまな方法で親と子供をむき出しにすることができると考えられる。このような商品を購入する前に、保護者はクリエイターと適切に情報を交換し、起こり得るすべてのリスクを明確にすることが勧められる。購入する側は、会社そのものが記録したマテリアルを保管するのか、またパートナーの一部がそのデータを受け取ることがあるのかどうかの事実説明を要求するべきだ。子供たちのプライバシーは非常に繊細なものなので適切に保護されていなければならない。したがって、新しいテクノロジーがすべて期待されるほどの優位性を有しているわけではないことは明らかだろう。

汚れのないとされるおもちゃのせいで子供たちの身元や安全が危険にさらされる可能性がある。誘拐は架空の問題ではない。非常に深刻で壊滅的な問題なのだ。おもちゃの形をした監視アイテムが犯罪者によって悪用されることはないと誰が言えるだろう? お子様のプライバシーと安全を重要だと考えるなら、今一度、IoT ツールが最適な選択肢かどうかを真剣に考慮することをお勧めしたい。このようなおもちゃはインターネットに接続するようデザインされているため、コントローラが接続された時点からデバイスがスパイされることを許可してしまうことを知らないまま誰かが利用可能なWi-Fiソースに接続することがあるかもしれない。

お子様が現在IoT おもちゃで遊んでいるなら、その商品のセキュリティ条件や会社がデータ収集に関してはっきりと詳細を提供しているかどうかについて確かめてみる必要がある。不明な点や質問があれば、その会社のサポートセンターに問い合わせることをお勧めする。一般に、手持ちのIoT ツールは馴染みのないWi-Fiソースからは遠ざけておくべきである。

出典: infosecurity-magazine.com.

 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です