How to Reboot Windows into Safe Mode

 

ウィンドウズをセーフモードで再起動するためには、見た目ほど複雑ではないステップバイステップのアクションを実行する必要がある。弊社のチュートリアルに従って頂きたい。それは、あなたが使用しているウィンドウズのバージョンによって異なる。

それを行うには、2つの方法がある。Windowsが完全に立ち上がって作動しているコンピューターから行うか、コンピューターが立ち上がっている最中に行うかである。

Windows XP のセーフモードでの再起動の仕方(起動メニューから)
Select Safe Mode

  1. あなたのパソコンを再起動、または起動し、セーフモードの選択肢へ飛ぶ。 あなたのコンピューターが起動する際に、F8 キーを繰り返す押す必要があるだろう。このアクションを実行するタイミングはコツがいるので、セーフモードのスクリーンが出てくるまで、それを何度も押すべきである。
  2. セーフモードの画面で、再起動のオプションを選択する。セーフモードの画面が現れる際、以下の選択肢が出てくるだろう。
    F8 Key
    start run
    MSCINFIG
    check safeboot
    Select Safe mode
    System Configuration
    Restart
    windows 7 safe mode
    system configurtion boot
    restart now later

セーフモードとネットワーク

セーフモードとコマンドプロンプト

ブートのログ作成を有効にする

VGAモードを有効にする

前回正常起動時の構成(正しく動作した最新の設定)

ディレクトリサービス復元モード(Windows DCのみ)

デバッグモード

システム障害時の自動的な再起動を無効にする

Windowsを通常起動する

再起動する

キーボード上の矢印のキーを使用して、再起動の選択肢へ移動し、「Enter」を押す。これで、あなたのコンピューターはセーフモードで再起動するだろう。

Windows XP のセーフモードでの再起動の仕方(起動中のWindowsから)

  1. 「スタート」ボタンをクリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択する。 単純に「スタート」のアイコンをクリックし、「ファイル名を指定して実行」をクリックするか、WindowsキーとRを押す。 
  2. 「msconfig」とタイプする。「ファイル名を指定して実行」のウィンドウが開いたら、ボックスの中に「msconfig 」と入力する。 
  3. BOOT.INIのタブを選択する。システム構成ユーティリティのウィンドウが開いたら、「BOOT.INI」というタブを探し、選択する。
  4. 「SAFEBOOT」にチェックマークを付ける。いくつかのチェックボックスが出てくるだろう。「SAFEBOOT」という選択肢を探し、チェックマークを付ける。
  5. それを認可する。それら全てのアクションが終了したら、「OK」をクリックする。これで、あなたのWindowsは、セーフモードで再起動するだろう。

Windows Vistaのセーフモードでの起動の仕方(起動メニューから)

  1. あなたのコンピューターを再起動する。
  2. 「詳細ブートオプション」へと飛ぶ。コンピューターが起動している際に、Windows Vista の「詳細ブートオプション」が出てくるまで、F8キーを何度も押し続ける。
  3. 「セーフモード」を選択する。矢印キーを使用して、「セーフモード」へ移動し、「Enter」を押す。 
  4. あなたのコンピューターにログオンする。その際、Vistaはセーフモードに入るはずである。管理者としてログインするのを忘れるべきではない。

Windows Vistaのセーフモードでの再起動の仕方(起動中のWindowsから)

  1.  実行中のアプリケーションを全て閉じる。
  2. 「スタート」をクリックし、検索ボックスに「msconfig 」と入力する。「Enter」を押す。
  3. 「システム構成」ウィンドウ上で、「ブート」というタブを探し、クリックする。
  4. 「セーフブート」を選択し、「適用」ボタンをクリックする。その後、「OK」をクリックする。 
  5. コンピューターを再起動する許可を与え、「再起動」を選択する。これで、あなたのコンピューターは、直接セーフモードで再起動するだろう。

Windows 7のセーフモードでの起動の仕方(起動メニューから)

  1. あなたのパソコンから、全てのディスクを取り除き、実行しているアプリケーションを全て閉じることが推奨される。
  2. 「スタート」をクリックし、「再起動」を選択する。
  3. コンピューターが起動する際、「詳細ブートオプション」が表示されるまで、F8キーを長押し、または何度も押す。
  4. キーボード上の矢印キーを使用して、「セーフモード」へ移動し、「Enter」を押す。 
  5. インターネットを使用して、トラブルシューティングを実行する必要がある場合、「セーフモードとネットワーク」を選択するべきである。もしあなたが経験豊富なユーザーで、コマンドラインを通してトラブルシューティングを実行する場合は、「セーフモードとコマンドプロンプト」を選択し、「Enter」を押す。  
  6. ログインの画面が現れたら、管理者権限でログインする。

Windows 8のセーフモードでの再起動の仕方(起動中のWindowsから)

  1. 「スタート」を押し、検索ボックスに「システム構成」と入力する。このウィンドウが現れたら、「ブート」というタブを探す。
  2. 「セーフブート」の横にチェックを入れる。それから「OK」を押す。
  3. コンピューターの再起動をリクエストされるので、再起動を今するか、後でするかのどちらかを選択する。
  4. コンピューターが再起動したら、それはセーフモードで動作するだろう。

 

 
 
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *