ソーシャルネットワークでのBitcoin詐欺が流行っています

FacebookやTwitterのようなソーシャルネットワークサイトには既に、有名人同士の喧嘩を誘発したり、どちらかと言えば議論を呼ぶような声明を分布する手段として政治家が利用するというような評判が伴っています。サイバーセキュリティに関して言えば、詐欺師たちは幅広いユーザー層をマルウェアの潜在的な受取人として使い、社会の水飲み場を上手く利用しようとしている事実を既に確認しています。これらのネットワークはトロイの木馬やランサムウェア感染の運び屋となりつつあります。

今回、私たちはハッカーたちが最も人気の高いソーシャルサイトに適用する最新の詐欺に注目しました。詐欺的な戦略は暗号通貨Bitcoin(ビットコイン)を使う人々から、Bitcoinをを盗むことを目指しています。Bitcoin の金額と価値は予測できないことをご存知でしょう。2017年のうちに、暗号通貨は上部から下部に向かって変動しました。現在、Bitcoinの価値は劇的に上昇しています。

ソーシャルネットワークサイト内の悪質なリンク

ごく最近になり、ソーシャルネットワークサイト内にBitcoin指向の詐欺が浮上していることが注目されています。最も流行っているのは、詐欺師がウェブサイトを投稿して配布する手段です。推進するドメインをより魅力的なものにするため、詐欺師はウェブサイトを訪問したり、Bitcoin 仮想通貨に関する様々なアンケートに参加したりすることでユーザーに報酬を与えるとして彼らを識別します。しかし詐欺師が不正リンクを分布させているのはユーザーを金銭的に支援するためではありません。その目的は、彼らを悪質なプログラムで感染させることです。

ソーシャルネットワークサイトに投稿される可能性のある別のリンクは、検索エンジンを提示するでしょう。これを使うと、人々は公式データベースにBitcoinアカウントが見つかるかどうかを知ることができます。とは言うものの、そのような情報に到達するにはBitcoinウォレットへの秘密鍵を入力させられます。この機密情報を使って、詐欺師たちはいとも簡単にBitcoinのアカウントを清算することができるのです。

ユーザーにBitcoinの換金を提供する詐欺

詐欺師の中には、疑わしいサービスを宣伝する場としてソーシャルサイトを利用する者もいます。今回の場合、彼らはユーザーに所持しているBitcoinに対する適切な額を即座に受け取ることができる機会を与えると言って釣ります。遺憾なことに、指定されたウォレットにBitcoinを送金しても約束のお金を受け取ることはありません。また感傷的な作り話を書いて様々なチャリティーへの寄付を請うという疑わしい人もいます。

Bitcoin詐欺において最も厄介な点のひとつは、被害者はいかなる機関にも保護されておらず、その損失が払い戻されないということです。暗号通貨を使用することは、ありとあらゆる脅威を受け入れることになります。所持しているBitcoinを全て失いたくなければ、ソーシャルネットワークサイトで(またはどんな場面でも) 目に入るBitcoinに関するお得な情報には、常に懐疑的な態度で対処することが重要です。

出典: zdnet.com.

 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です